まなろぐ

思ったこと。

SwtichBot Hubと温度&湿度計を導入した

SwtichBot Hubと温度&湿度計を導入した…のだが、つないではいない。

別々に動いている。

 

温度&湿度計はただの記録できる温度&湿度計として生きている。湿度が下がってきたら人間さんが加湿器のスイッチを押しているので、人間さんの判断基準にはなってるようだ。おかげで人間さんのお肌が冬なのに乾燥知らずである。ハッピー。

※人間さんは去年に脱毛を初めていて超お手入れを入念にするようになったので、加湿器よりもしっかり保湿クリームを塗るようになった影響の方が大きいかもしれない。

 

SwtichBot Hubは午前7時に暖房をいれてくれる。最初は使い道ないな…と思ってエアコンのリモコンとしてのセットアップして放置してた(電源も抜いてた)のだけど、あまりに朝寒くて起きれないので、起きる1時間前に暖房をセットしてみた。起きれるようになったかというとちょっと微妙だけど、朝寒くてつらいはなくなったのでまあ良しとする。

 

ちなみに同時に加湿器も買い換えている。年始の目標ではIoT対応の加湿器を買って自動で加湿するはずだったのだが、IoT対応の加湿器の見た目がかわいくないので断念した。4.5L入る大容量加湿器を購入したのだが、8畳かそこらの部屋にはオーバーススペックなようで、タンクの半分も水をいれたことがない。ただ、上から給水はめちゃ便利なので推したい。以前はタンクごと取り外すタイプだったのだが、取り外す時にどうしても水をこぼしてしまう。今はやかんで上から水を注ぐだけなので、観葉植物に水をあげる気持ちで加湿器に給水ができる。ハッピー。

 

なおこの加湿器、今日見てみたら販売ページがなくなっていた5000円なので1冬の友達でもいいのだが、めんどいので来年も動いて欲しいな……。見た目も結構好きなのでできれば人に推したいのだけど。残念だ。