まなろぐ

思ったこと。

音楽を諦めきれた日、自動作曲プログラムを作ると決意した日

3年前に買った 作りながら覚える 3日で作曲入門 って本をやった。音楽を作ろうとすることをすっぱり諦めようと思った。これはポジティブな話。

 

ボカロ世代だからいつか音楽を作ってみたいと思ってた。音楽を作りたいというよりは初音ミクを使ってみたいに近いのかもしれない。

でも今回ちょっと真面目に音楽に向き合ってみてわかったのは、音感ないと音楽作るのはめちゃ難しいってこと、それを乗り越えるだけの情熱がないってこと、そして私は私自身が思ってるよりもプログラミングが好きだってこと。

音楽作るよりも自動作曲プログラム組んだ方が楽しい気がするな…って作曲中にも思ったし、よくよく考えても後者の方が圧倒的に楽しめる自信がある。だから私は作曲を諦めて自動作曲プログラムを書きます!!!

 

あと、23時くらいの番組で岡崎体育が超スピーディーに超カッコイイ曲作るの見て、音楽作るのは音楽デキる人に任せるっすわ!って気持ちになった。ワニさんも仲間にいれてみたいな曲しか知らないけど、あれは絶対すごい人だ。

 

もう1つ、大学の卒業論文が自動作曲だったんだけど、大学卒業して数年経ってもう1回あれやりたいなあって気持ちがある。研究がやりたいっていうよりは、なんか自分の代表プロジェクトが欲しいっていうか。大学卒業してしばらくは卒論!って名前で紹介できたんだけど、そろそろ経過年数長くなって厳しくなってきたから、私は音楽が好きなエンジニアなんじゃ〜〜〜!!!ってことをアピるためにも、やるぞ自動作曲。何でやろうかな。できればブラウザで動くの作りたいな。